結婚相手とは既に出会っていると言われても、ピンと来ない人の方が多いでしょう。

実は恋愛にまつわる雑学で、16歳以上の人は凡そ84%の確率で、将来結婚する人と既に出会っているというものがあるのです。

既に親密な関係にあるか、はたはた単にすれ違った程度というものまで含めると、こうした確率になるそうです。

この雑学は、とても大切な事を教えてくれています。

つまりは今現在周りにいる人々との関係性を大切にせよ、という事です。

例えば目の前にいる異性が将来の相手かどうかは解りませんが、
少なくともその確率が出会った経験の無い異性よりも高い事は示されている訳で、
その関係をぞんざいにするようであれば恋愛・結婚は覚束ないと見て取れるからです。

「恋が生まれるにはほんの少しの希望があれば十分です」
というスタンダールの格言もありますが、
その希望が向かう相手は意外に近くに居る可能性が高いのですから、
日常からの振る舞いが恋愛成就においては大切なのです。