[ Content | Sidebar ]

街コンという場に限らず婚活の場は諸行無常

5月 1st, 2018

さまざまなお見合いパーティーを、口コミ評価をベースにランキング作成してみました。サービス利用者からの現実の口コミも見れますので、お見合いパーティーの真の姿を確認できます!
結婚相談所では、結構な額の費用が必要なので、後悔しないためにも、気に入った相談所を見つけ出した時には、登録する前にランキングなどの内容をチェックした方がいいかもしれません。
「現在はまだ早急に結婚したいとまで思っていないので、とりあえず恋をしたい」、「念のためにバツイチ子持ちの婚活しているけど、やっぱり何よりも先に恋愛を体験してみたい」等と夢見ている人も少なくありません。
ここ数年は、2割以上がバツ付き婚だというデータもありますが、本当のところ再婚のチャンスをつかむのはハードルが高いと痛感している人もめずらしくありません。
恋活はバツイチ子持ちの婚活よりも気軽で求められる条件は厳格ではないので、素直に人当たりがいいかもと思った異性にアタックしたり、連絡先を交換しようと誘ったりしてみると、カップル成立に一歩近づけます。

定番の結婚相談所にも新感覚の結婚情報サービスにも、セールスポイントとウイークポイントがあります。双方の特色をしっかり把握して、自分の希望に合致している方を選択するということが大切と言えるでしょう。
街コンと言えば「恋愛したい人が集まる場」であると見なしている人が大半でしょうけれど、「バツイチ子持ちの婚活をするため」ではなく、「多種多様な人々と語らってみたいからから」という考えで利用する人も稀ではありません。
ネット上に数多くある出会い系サイトは、もともと管理・運営がずさんなので、詐欺などを狙う無礼な人間も参加可能だと言えますが、結婚情報サービスは信用第一なので、身元が明らかになっている人以外は会員登録ができないシステムになっております。
このサイトでは、女性の登録数が多い結婚相談所だけを選抜して、ランキングにして紹介しています。「いつになるかわからない夢のような結婚」ではなく、「形のある結婚」に向かって行動しましょう。
昨今は再婚も物珍しいこととの思い込みがなくなり、新たなパートナーとの再婚で順風満帆な生活を送っている方も多数おられます。さりとて初婚に比べて困難があるのが現実です。

結婚相談所を決める際に過ちをおかさないためにも、まず結婚相談所を比較してみることが成功の鍵です。結婚相談所でパートナー探しをするのは、思い切った金品を買い求めるということと同じで、適当に決めると後悔します。
通例として合コンは乾杯で幕開けとなり、続いて自己紹介を行います。この自己紹介が1番ドキドキしますが、がんばってこなせば一転して共通の話題や楽しいゲームで大いに盛り上がるのでノープロブレムです。
「本当のところ、自分はどんな性格の方を将来の伴侶として欲しているのか?」というビジョンをクリアにしてから、主要な結婚相談所を比較していくことが必要不可欠です。
大半のバツイチ子持ちの婚活アプリは基本的な料金は無料になっていて、費用が発生するアプリでも、だいたい数千円で気軽にバツイチ子持ちの婚活できるのがメリットで、経済的にも時間面でもコスパが優秀だと言えそうです。
街コンという場に限らず、目をしっかり見ながら話しをすることは必要不可欠です!現実的に自分が話している際に、目を見つめて話に集中してくれる相手には、親しみを感じるのではないかと思います。

いいお見合いサイトをみつける秘訣はネットで複数の比較サイトで共通するお見合いサイトを選ぶこと

9月 2nd, 2017

婚活パーティーの目的は、限られた時間と空間でパートナー候補を見極めることにありますから、「より多くの異性とふれ合う場」という意味合いの催しが多数派です。
お金の面だけでさらっと婚活サイトを比較すると、納得いく結果を出せない可能性大です。相手探しの手段やサービスを利用している方の数についても念入りに調べ上げてからチョイスすることをおすすめします。
今の時代、再婚は希少なことではないし、新たなパートナーとの再婚で順風満帆な生活を送っている方もたくさん見受けられます。さりとて再婚ゆえの厄介事があるのも、紛れもない事実です。
再婚しようかと考え始めた方に、ことさら参加して欲しいのが、シングルの人が集う婚活パーティーです。従来の結婚相談所が根回しをする出会いより、もっと気軽な出会いが期待できますので、安心して相手探しができます。
携帯で手軽に行える便利な婚活として支持されている「婚活アプリ」はいくつかあります。だけど「現実に結婚相手が見つかるのか?」という点について、リアルに婚活アプリを使った人の体験談を掲示したいと思います。

結婚を前提に付き合える相手を見つけ出すために、独身の人が一堂に会するメディアでも話題の「婚活パーティー」。近頃はバリエーション豊かな婚活パーティーが全国の都道府県で実施されており、婚活に役立つ婚活サイトも目立つようになりました。
自らの思いは簡単には変化させられませんが、わずかでも「再婚で夫婦生活を取り戻したい」という自覚があるのなら、出会いのチャンスを見つけることを目標にしてみるのがベストです。
婚活サイトを比較すれば、「コストはどのくらいかかるのか?」「使用者数がどの程度存在しているのか?」など具体的な情報のほか、相手探しに役立つ婚活パーティーなどを定期的に開催しているかなどの詳細をチェックすることが可能です。
ちなみに婚活サイトとお見合いサイトをごっちゃにしている人がいますが、全く同じ意味合です。お見合いサイトとはちょっと変わった言い方をしているにすぎません。
アナタにあったお見合いサイトを探したいなら、参考になるようなサイトをネットでいくつか調べて、そこで共通して紹介されているお見合いサイトを使ってみればいいと思います。
http://omiai-free.jp.net/
多種多様な婚活サイトを比較する場合大事な要素は、会員の登録数です。数多くの利用者がいるサイトなら出会いの確率もアップし、最高の異性と知り合えるチャンスが広がります。
結婚を希望する気持ちが強いのなら、結婚相談所の戸をたたくという道も選べます。ご覧のページでは結婚相談所を決める際に心に留めておきたいことや、お墨付きの結婚相談所を選んでランキング表にしています。

「さしあたって、即結婚したいと考えていないから恋愛を楽しみたい」、「婚活すると決めたけど、実を言うと取り敢えず恋に落ちたい」と思っている人もめずらしくないでしょう。
今閲覧中のサイトでは、口コミ体験談などで絶賛されている、人気抜群の婚活サイトを比較しております。どれも一貫して多くの人が登録していて有名な婚活サイトとして知られているので、気軽に利用可能だと言えます。
「結婚相談所に登録しても結婚できるという確信が持てない」と疑問を感じている方は、成婚率にフォーカスして決めるのもいい考えです。成婚率が際立つ結婚相談所を取り纏めランキング形式で公表しています。
恋人関係にある彼に結婚したいと思ってもらうには、彼が周囲と敵対しても、あなただけは絶対味方に徹することで、「必要不可欠な相棒だということを理解させる」のが手っ取り早い方法です。
形式通りのお見合いの場だと、いくらかはフォーマルな服を揃える必要が出てきますが、これがお見合いパーティーの場合、やや気合いを入れた服でもトラブルなしで入って行けるので初心者にもおすすめです。

年齢のピークを過ぎてしまうと婚活は不利になる一方だから、1分1秒でも早い行動を

9月 2nd, 2017

旧式のお見合いの際は、若干は形式にのっとった服をそろえなければなりませんが、対するお見合いパーティーは、少々気合いを入れた服でもスムーズに入って行けるので手軽だと言っていいでしょう。
再婚であろうとなかろうと、恋愛に消極的だと好みの人と出会うのはほぼ不可能です。その上離婚の経験がある場合率先して動かないと、心惹かれる相手は見つけられません。
街コンの申し込み条件には、「2人組1セットでのエントリーのみ可」といった風に記されていることもあるかと思います。そういうイベントは、一人で申し込むことはできない仕組みになっています。
婚活パーティーの場合、行けば行くほど自然と異性とコミュニケーションをとれる数は増加するでしょうが、自分に合いそうな人がたくさんいると思われる婚活パーティーに限定して参戦しなければ、いつまで経っても恋人を作れません。
普通合コンは先に乾杯をし、自己紹介へと続きます。一人で話さなければならないので一番不安になるところですが、このピークが過ぎれば気が楽になって会話を楽しんだり、ゲームタイムを取り入れたりして活気づくので心配いりません。

自分の目指す結婚を現実にしたいなら、よりよい結婚相談所の見つけ方が大切です。ランキング上位に君臨する結婚相談所と契約して一歩を踏み出せば、すてきなパートナーと結ばれる可能性は高くなることでしょう。
そのうち再婚したいと考えている人に、ぜひ参加して欲しいのが、メディアでも取りあげられる婚活パーティーです。少し格式張った結婚相談所が手回しをする出会いより、割とフレンドリーな出会いになることが予想されますので、緊張せずに参加できるのではないでしょうか。
婚活アプリに関しましては基本的な費用は不要で、有料会員に登録したとしても、およそ数千円でインターネット婚活することができ、費用・時間ともにコスパが優秀だと言えるのではないでしょうか。
人生初のお見合いパーティーに申し込む時は、ドキドキものじゃないかと思いますが、勢いで現場に行くと、「予想以上に楽しくてハマった」などなど良い口コミが殆どを占めます。
「婚活サイトは様々あるけれど、何を基準にして選べばいいのか困ってしまう」と二の足を踏んでいる婚活中の方に役立てていただこうと、世間に好評でシェア率の高い、メジャーな婚活サイトを比較した結果を、ランキングにしました。

合コンへ行くのであれば、さよならする前に連絡先を教え合うことが大切です。そのまま別れてしまうと、真剣に相手の人となりを好きになりかけても、単なる飲み会となって関係が途絶えてしまいます。
スマホなどでラクラク始められる話題の婚活として重宝されている「婚活アプリ」はいくつかあります。でも「条件に合う人を見つけられるのか?」ということについて、実際に婚活アプリを使った人の体験談をご覧に入れたいと思います。
婚活にいそしむ人々が増えつつある現在、その婚活そのものにもこれまでにない方法が種々生み出されています。そうした方法の中でも、インターネットを使った婚活を行う「婚活アプリ」は多くのユーザーが利用しています。
婚活サイトを比較する材料として、レビューなどを調べてみるのも有用な手段ですが、それらをそのまま信じると後悔するおそれがあるので、あなた自身もていねいにリサーチするべきです。
ダイレクトに顔を合わせる合コンなどでは、どうあがいても内気になってしまいますが、婚活アプリではメッセージでの会話から入っていくので、気楽に異性とトークできます。

本当に気に入った相手と街コンやパーティーで出会ったら絶対に連絡先を交換すること

9月 2nd, 2017

初見の合コンで、出会いのチャンスをつかみたいという願いがあるなら、注意しなければいけないのは、度を超して自分を誘惑する水準を上げて、相手の士気を低下させることに他なりません。
婚活パーティーに関しましては、イベントごとに定期的に計画されていて、指定日までに参加登録しておけば容易く参加できるものから、会員登録制で会員じゃないと申込できないものまで多岐に及びます。
男女のコミュニケーションの場として、一つの定番と認知されるようになった「街コン」にて、見知らぬ女の子たちとの交流を楽しみたいなら、ある程度の計画を練らなければなりません。
ランキングトップ常連の高品質な結婚相談所の場合、普通に結婚相手を探し出してくれる以外に、デートの仕方や初めての食事をスムーズにこなす方法等も伝授してくれるので安心です。
経験したことのないお見合いパーティーにエントリーする際は、戦々恐々であろうと思いますが、度胸を決めて現場に行くと、「案外面白かった」といった喜びの声が圧倒的多数です。

数ある婚活サイトを比較する時に忘れてはいけない大切なポイントは、サイトを利用している人の数です。数多くの利用者がいるサイトは選択肢も幅広く、自分と相性の良い異性と知り合える可能性も高くなること請け合いです。
歴史の深い結婚相談所にも最先端の結婚情報サービスにも、いいところと悪いところがいくつかあります。それぞれの違いをばっちり把握して、トータルでより自分に合っていると思った方を選択するということが肝心です。
合コンに行った時は、お開きになる前に連絡先をやりとりするのがベストです。そのまま別れてしまうと、本心から相手を気に入ったとしても、二度と会えなくなって縁が切れてしまいます。
理想の結婚生活を叶えたいなら、ベストな結婚相談所の探し方が一番大事でしょう。ランキング上位の常連である結婚相談所のサービスを利用して婚活に頑張れば、理想の結婚を成就させる可能性は大きくなることが期待できます。
幸いにも、お見合いパーティーにいる間に連絡をとる方法を教わることができたなら、お見合いパーティーがフィニッシュしたあと、即刻次に会う約束をすることが何より大切なポイントと言えます。

再婚であってもそうでなくても、恋に対して後ろ向きだと相性の良い人と巡り合うのは至難の業です。特に離婚経験者は自らの意思で動いていかないと、素敵な人とは巡り会えないでしょう。
ここ数年は結婚相談所も多様化し、あれやこれやメリット・デメリットが見られますから、なるべく多くの結婚相談所を比較し、そこ中から可能な限りフィーリングが合いそうな結婚相談所を選び出さなければ後悔することになります。
結婚相談所を比較するためにオンライン検索すると、今はネットを最大限に活用した低料金の結婚相談サービスもいろいろあり、誰でも気軽に利用できる結婚相談所が色々あることにビックリします。
今は、お見合いパーティーに行くのも簡単になり、ネット上でフィーリングが合いそうなお見合いパーティーを探しだし、参加するという人がたくさんいます。
いろいろな結婚相談所を比較した時に、成婚率の数字に驚嘆した人は少なくないでしょう。ところが現実的には成婚率の割り出し方にルールはなく、相談所ごとに計算方法が異なるので注意が必要です。

婚活サイトで気にするのはコストよりも会員数の数だと思う

9月 2nd, 2017

「ぜひ結婚したいと思える人」と「彼氏・彼女にしたい人」。一般的には同じであるはずが、自分に正直になって考慮すると、微妙に食い違っていたりして戸惑うこともあるかと思います。
一般的にフェイスブックに登録を済ませている方しか使用することができず、フェイスブックに記載されたさまざまな情報をもとに相性占いしてくれるお役立ち機能が、すべての婚活アプリに採用されています。
このウェブサイトでは、これまでに結婚相談所にお世話になった人の評価をベースにして、どこの結婚相談所がどんな点で優良なのかを、ランキングスタイルで公開させていただいております。
あちこちで開催されている街コンとは、自治体規模で行われる大々的な合コンと理解されており、今日催されている街コンに関しましては、小規模なものでも70~80名、大規模なものだと3000~4000名ほどの方達が集まってきます。
結婚相談所なども色々とセールスポイントがあるので、いろんな結婚相談所を比較してみて、最も条件が合いそうな結婚相談所を見つけなければ成功への道は遠のいてしまいます。

婚活サイトを比較していくうちに、「コストはどのくらいかかるのか?」「会員登録人数が多数いるのかどうか?」などの情報は勿論のこと、需要の多い婚活パーティーなどを行っているかどうかなどの詳細が確認できます。
「今しばらくは至急結婚したいと思えないから、まずは恋愛したい」、「婚活にいそしんでいるけど、本当のことを言えばまずは恋人関係になりたい」と心の中で考える人も多いのではないでしょうか。
婚活パーティーというのは、イベントごとに定期的に催されており、ネットなどを使って予約すれば簡単に参加が容認されるものから、会員登録しないと参加が許されないものまで数え切れないくらいあります。
初めてお見合いパーティーに仲間入りする時は、固くなりがちだと考えられますが、がんばって仲間入りしてみると、「予想以上によかった」といった感想が目立つのです。
それぞれの事情や気持ちがあるせいか、数多くのバツイチ持ちの人達が「再婚には乗り気だけどなかなか前向きになれない」、「パートナーを探す場所がなくて付き合えない」という問題を抱えています。

よくある出会い系サイトは、普通は管理体制が整っていないので、詐欺などを狙う不心得者も入り込めますが、結婚情報サービスに関しては、身元が確認できた人間しか申し込みができないシステムになっております。
ひとりひとりの異性と面談することができることを確約しているところも稀ではないので、いろんな異性とトークしたい場合は、条件を満たしたお見合いパーティーを見つけ出すことが肝心となります。
婚活サイトを比較しようとした時、利用者の感想などを探す方も稀ではないと思いますが。それらを妄信することはリスキーなどで、あなた自身でも調べをつける必要があります。
合コンへの参加を決意した理由は、言うまでもないことですが、恋愛するための「恋活」が半分以上で文句なしの1位。しかしながら、友達作りの場にしたかったという人々も思った以上に多いと聞きます。
自分の思い通りの結婚を実らせたいなら、結婚相談所選びが大切です。ランキング上位に入る結婚相談所にアドバイスを受けながら一歩を踏み出せば、目標達成の可能性は大きくなることが期待できます。

街全体が婚活を支援している都市に引っ越しするのも婚活の1つの手段

9月 2nd, 2017

実際に相手と面会するパーティーイベント等では、どうあがいても神経質になりがちですが、婚活アプリならメールを使った手軽な会話から始めていくことになるので、落ち着いて会話を楽しめます。
注目のお見合いパーティーを、口コミ評価に沿ってランキング作成してみました。パーティー参加者の本物の口コミもまとめてありますので、お見合いパーティーの最新情報をチェックできます!
格式張ったお見合いだと、多かれ少なかれ形式にのっとった服を準備しなければなりませんが、もっとくだけたお見合いパーティーなら、いくらか着飾っただけの服装でも普通に出席できるのでストレスを感じません。
利用率の高い婚活アプリは、ネット上で行う婚活の中でも、「アプリケーションソフトウェア」を有効利用したツールになります。ハイテクな上に安全策も施されているので、初めての方でも気軽に使うことができるのです。
コスパだけで婚活サイトを比較した場合、あとでガッカリするものです。使える機能や会員の規模などもきちんと精査してから判断するのが失敗しないコツです。

交際中の相手に心底結婚したいという思いにさせるには、ほどよい自主性も持たなければなりません。しょっちゅう会ったり電話したりしないと満足できないという重い気持ちでは、いくら恋人といえども不快になってしまいます。
今話題の婚活サイトに興味があるから登録したいと思ってはいるものの、どこが自分に合っているのか悩んでいるとおっしゃるなら、婚活サイトを比較して情報を公開しているサイトを閲覧するのもひとつの方法です。
街コンの中には、「同性2名以上、偶数人数での参加のみ受け付けます」というように人数制限されていることもあるでしょう。そういうイベントは、単独での申し込みはできないルールとなっています。
結婚相談所を比較した際に、高い成婚率にぎょっとした人も多いのではないでしょうか?ところがどっこい成婚率の算出方法に統一性はなく、会社によって計算の流れが異なるので参考程度にとどめておきましょう。
「ありきたりな合コンだと出会いがない」という人におすすめのトレンドの街コンは、街全体が恋人作りを支援する催事のことで、クリーンなイメージに定評があります。

婚活サイトを比較するにあたり、料金が無料かどうかを見極めることもあるだろうと思われます。たいていの場合、利用料が発生するサイトの方がユーザーの婚活意識も高く、本格的に婚活にいそしむ人がたくさんいます。
パートナーに結婚したいという気持ちを抱かせたいなら、誰が反対しても、パートナーのあなただけはいつも味方でいることで、「唯一無二の女性であることを発見させる」よう誘導しましょう。
あなたはできるだけ早く結婚したいと切望していても、パートナーが結婚に無関心だった場合は、結婚に関係するようなことを口に出すのでさえ躊躇してしまうことだってあるかもしれません。
異性の参加者ひとりひとりとコミュニケーションできることを請け合っているパーティーもあるので、たくさんの異性としゃべりたいのなら、そういう趣旨のお見合いパーティーを探し出すことが重要なポイントになります。
自分では、「結婚するだなんて何年か先の話」と考えていたはずが、親戚の結婚等がきっかけとなり「近いうちに結婚したい」と検討し始める方は結構存在します。

短期間で将来の配偶者をみつけるには婚活パーティーのような対面式がいい

9月 2nd, 2017

2009年頃から婚活が流行し、2013年に入った頃から婚活から派生した“恋活”という造語を聞くこともめずらしくなくなりましたが、実は「2つのキーワードの違いが理解できない」と話しをする人もそこそこいるようです。
数々の結婚相談所をランキングの形にして閲覧できるサイトは、探せばいっぱい見つかりますが、その情報を参考にするより先に、結婚相談所のサービスに対して何を希望するのかを明らかにしておくことが大切です。
携帯やスマホを駆使するオンライン婚活として人気を博している「婚活アプリ」はいろいろあります。しかしながら「本当に出会えるのか?」ということについて、現実の上で体験された方達の意見をご紹介します。
結婚相談所を比較する目的でネットで確認してみると、ここ数年はネットを利用した低コストの結婚相談サービスも提供されており、堅苦しさのない結婚相談所が多いことに気付きます。
「初めて会ったのはお見合いパーティーです」と言っているのをあちこちで聞き及ぶようになりました。そのくらい結婚願望の強い人の間で、大切なものになったわけです。

「最初に異性と会った時、どうやって話を切り出したらいいかよくわからない」。いざ合コンに行こうとすると、大半の人が真っ先に悩むところですが、あまり共通点がない相手とでもまあまあ会話が広がる話のタネがあります。
婚活パーティーの趣旨は、短時間で未来の配偶者候補を見いだすことなので、「数多くの配偶者候補と対談することを目的とした場」になるよう企画・運営されている企画が中心です。
「真面目に打ち込んでいるのに、なぜ希望の相手に出会うことができないんだろう?」と傷心の日々を送っていませんか?へこんでばかりの婚活にならないためにも、有用な婚活アプリを最大限に使った婚活をしてみるのがオススメです。
一度結婚に失敗していると、人並みに過ごしているだけでは、理想の再婚相手と巡り合うのは不可能だと言えます。その様な方にぜひ推奨したいのが、巷で話題の婚活サイトなのです。
自分自身は間違いなく婚活だとしても、心を惹かれた異性が恋活している気だったら、彼氏または彼女にはなれても、結婚にまつわる話が出てきた瞬間に振られてしまったなんてことも実際にはあります。

「結婚相談所で相談しても結婚というゴールに達するという保障はない」と心許なく感じているのなら、成婚率の高い相談所の中から探してみるのもアリでしょう。ここでは成婚率が高い結婚相談所をランキング形式でご紹介中です。
独身者向けの婚活アプリが凄いスピードで考案されていますが、実際に使う場合は、どういった婚活アプリが自分にぴったり合うのかを了解していないと、時間もお金も無益なものになってしまいます。
日本では、結婚に関して遠い昔から「恋愛の末に結婚するのがベスト」みたいになっており、結婚情報サービスを婚活に利用するのは「パートナー探しに失敗した人」などといういたたまれないイメージで捉えられていたのです。
街コンは地元を舞台にした「好みの相手と知り合える場」と思っている人がほとんどですが、「理想の人に出会うため」でなく、「さまざまな年齢・性別の人とふれ合えるから」という気持ちでエントリーする人も少なからず存在します。
結婚相談所を比較した際に、成婚率の高さにぎょっとしたことと思います。けれども成婚率の算出方法に明確な定義はなく、個々の業者で計算の流れが異なるので気を付けておく必要があります。

恋愛を長続きさせるための雑学

7月 21st, 2014

恋愛にはいろんな雑学があるよね。つり橋とか危険な場所に一緒にいる男女は恋に陥りやすいとかね。そんな雑学の中で、成功した恋を長続きさせるためのものをいくつか紹介するね。まずは女の子視点から。女の子らしさをアピールするために、彼氏に手作りスイーツを持っていくって話はよく聞くけど、実はこれはフラれる女子に多い行動なの。女子が女の子らしさをアピールしたいのと同様に、彼氏も男らしさをアピールしたいと思ってるからね。甘くて可愛いスイーツを喜んで食べる図って、いまいち男らしくないよね。だから彼氏は、喜んで食べなきゃいけないけど男らしくないよなって複雑な気分になってしまうわけ。女子力をアピールしたいなら、時にはスイーツもいいけれど、基本的にはお弁当の方がオススメだよ。お弁当で彼氏の胃袋をがっちり掴んだカップルは、その後もうまくいく確率が高いよ。続いて男子視点から。女子はいつでも関心をもってもらいたいものなの。だから男子が返事をしなかったり余所見をしたりすることは基本的に厳禁。だけど唯一例外として、喫茶店やレストランに入ってから少しの間は、彼女から目をそらし気味にしてあげてね。なぜなら女子の多くがそのタイミングでトイレに行くから。外を歩いたことで崩れてきている化粧も直したいしね。座席に座った時に、化粧の崩れた顔やトイレに行きたがってる様子を見られるのは、女子としては辛いものがあるの。だからそういう時は、それとなく外の景色を見たりしながら、彼女がすっと席を立てるように配慮してあげてね。女子のトイレや化粧直しに配慮できる男子は、恋愛を長続きさせることができるよ。そうじゃない男子は、自業自得だけど当然フラれる可能性が高いよね。

あまり知られていない恋愛の雑学

5月 11th, 2014

恋愛の雑学を知ると良い事が多いので、恋愛から遠ざかっている人には是非知ってもらいたいです。まず、キスを1分間する事で6キロカロリーを消費します。という事は1日で1時間キスをする時間を作れば360キロカロリーの消費になりますが、これはジョギング10kmの運動に匹敵します。ダイエット効果だけでは無く、キスには長生きする効果もあります。毎日キスをする人は、しない人に比べると約5年長生きするという事実があります。キスをする事でホルモンに似た謎の物質が分泌し、免疫力が強化され、強力な鎮痛作用もあるので、キスはとても健康に良い行為になります。また、恋人と同じベットで寝る事も健康に良いです。誰かと同じベットで寝る事により、ストレスに反応して放出されるコルチゾールという分泌量が下がるので、ストレス解消になったり心臓疾患やうつ病のリスクが減るといった研究結果も出ています。沢山の人と積極的に恋愛をする事で、健康や心の安定、人生経験も出来きてしまいます。

恋愛雑学男性と女性の点数方式は違う

4月 19th, 2014

恋愛雑学をご紹介します。

女性と男性の恋愛観は違っていて、
女性は減点方式、男性は加点方式なんですって。

例えば、かっこいいなと思っていた男性が、
店員さんに横柄な態度を取っていると
女性の場合「幻滅」となって「減点」の対象になりますよね。

一方、男性は、恋愛感情を抱いていなかった女性が、
知らない人に親切にしていた姿を見て「いい子かも」と「加点」の対象になるわけです。

つまり、女性は男性を一度好きになったら、
あとは点数が減っていくだけであって、
男性は時間をかけて人を好きになっていくと言うことになります。

この違いによって、よく発生するのが、男性のタイミングの悪さです。

経験がある人はいませんか。
好きじゃない子が告白してきて一度フッたんだけど、
しばらくしたら自分はその子を好きになっていたと言う事態が。

でも、もう相手には新しい彼氏ができていたなんて言う
悲しい結末を迎えることもありますよね。男性は女性から告白されたら、
キープしておかなければなりませんよ。

後から好きになるかもしれないんだから。

ちなみに今私は婚活中です。

ペアーズというフェイスブックの恋愛アプリを使っています。

私の恋愛雑学がネット婚活に役に立つのか身をもって知ろうと
只今、実践中です。

もし機会があればどうだったか皆さんに報告したいと思います。